2021年8月7日〜8月8日 Contemplative Theatre in 熊野 <瞑想とシアターワークが織りなす場所>

小木戸 利光が、京都大学 認知心理学 瞑想研究者・藤野正寛さん、慶應義塾大学 人類学者・井本由紀さんとの共同にて、

熊野にて、瞑想とシアターワークの1泊2日のワークショップを開きます!

8/6 オンライン参加の受け付けが、開始になりました! → Contemplative Learning Network

 

Contemplative Theatre in 熊野

〜 瞑想とシアターワークが織りなす場所 〜 平静さのなかで  ほとばしるもの  満ちてゆくもの

日時:2021年8月7日 9:00 〜 8月8日 12:30

開催場所: 熊野 出会いの里

*8月6日(プレイベント)および8月8日(アフターイベント)の対談・研究会は、オンラインでもご参加いただけます。

<概要>

 この企画は、私たち3人での、数年間にわたる協同実践と対話から生まれました。瞑想とシアターワークが織りなす場所を、私たちは探求してきています。このたび、熊野という聖地で、Art of Living としての瞑想とシアターワークの実践を、参加者とともに深めていくためのワークショップを開催します。

 

シアターワークでは、参加者が心と身体の声にやさしく耳を澄まし、小木戸が誘導する<シアター>という藝術的なゾーンに身を委ねていくことで、奥底からの<>が自ずと立ち現れてゆき、深い変容と解放がもたらされます。大きな自然の流れの中で生きることがそのまま Art – 藝術になるということを体験をもって実感させられます。

 

マインドフルネス瞑想では、平静さとともに心と身体の声に耳を澄まし、いまこの瞬間に次々と生じ続けている感覚や感情や衝動や思考にありのままに気づいていきます。そのような気づきが人生のあらゆる選択の判断基準を深めていき、大きな自然の流れへひらかれていきます。瞑想は、よりよく生きるための Art – 技であり、智慧でもあります。

 

瞑想とシアターワークを組み合わせて開発したContemplative Theatreでは、やさしく静かに見つめ続けることと、委ね動かされてゆくこと、そして自他と慈悲深くつながることが刻々と織りなされてゆきます。

 

今回のリトリートでは、熊野の大自然と脈々と流れる精神性のエネルギーに支えられ、そこに身を委ねることで、その場限りの一期一会の集合的藝術表現を、存分に遊びながら、探求していきます。

  

<参加費>

30,000円〜60,000円(1日目の昼・夜 食費込み)

※参加費は、自由選択制(スライディングスケール)を採用しています。リトリートのご参加者は、学生から社会人、高齢の方まで、年齢・職業・環境など多様であることが予想されます。2日間のワーク終了後に、上記金額の範囲内にて、ご自身でご自由に決定して、お納めください。

詳細・参加申し込みは / → Contemplative Learning Network をご覧ください

 

 

Share: