Movement – practice based research 楽しく、身体のことを探求、研究 # Drama and Movement Therapy  

View Post
Share:

春学期の早稲田大学大学院国際コミュニケーション研究科のすべての授業が終わりました。最終回「Peace Communication」をテーマに、対象者を定めて、自由な発想のもとにオリジナルの教育プログラムを創るという課題のもと、グループごとに各々のプロジェクトが発表されました。平和学・紛争解決学におい…

View Post
Share:

Spotify 配信スタート – Radio 小木戸利光「越境する身体」が、Spotifyで配信開始になりました。いつでもお好きな時間にお聴きいただくことができます。現在 全2回分の放送がアップロードされていて、最新回はイギリス・ロンドンからお届けしています 🍀 番組のテーマ曲は、アルバ…

View Post
Share:

早稲田大学大学院 – 人種迫害が表現された演劇シーンのなかで、私たちの生の感情をつよく引き起こすようなドキリとした瞬間がありました。大学院では、想像以上に、本当に様々な人生経験をしてきた人たちとの出会いがあります。ある一瞬、ほんの一瞬の出来事でしたが、誰かの身体が=その人の実の人生の経験…

View Post
Share:

Asian Studies Conference Japan 学会発表 平和学・和解学における教育実践としてのTheatre for Peace and Conflict Resolutionの取り組みについて、Asian Studies Conference Japan 2019にて「Introd…

View Post
Share:

ARTQ INSTITUTE「心と身体の表現学」はじまりました。この日は、お天気がとても良く、午前中の光をいっぱいに浴びながら、風が優しく通っていくのを感じながら、鳥のさえずりに耳を澄ましながら、植物の緑の葉の呼吸とも調和するように、皆さまと 気持ちよく ボディワーク や 心臓の鼓動、全身の血流を感…

View Post
Share:

早稲田大学大学院 国際コミュニケーション研究科 / Waseda University, Graduate School of International Culture and Communication Studies   2019年度は、早稲田大学にて、通年でシアターワークに基づいた授業を担当…

View Post
Share:

ウィリアム・シェイクスピアの出生地・Stratford upon avonを訪れました。この町は、いかに時代が流れても、Shakespeareという舞台芸術とそれを愛する世界中の人たちによって、その心が守られていると感じます。おかげさまで、とても穏やかで平和な1日を過ごすことができました。 1500…

View Post
Share:

2002年 英国留学中、街ではあからさまな人種差別の言葉を受け、時には ストリートを歩いていて 突然殴りかかられることもあり、イギリスで起こるあらゆる現実を受け入れることができずに、全身に蕁麻疹が出て顔がゆがんで変わってしまった当時の僕には、まさか 18年後に その英国から この人生で こんなにも心…

View Post
Share:

Stanford University, Mindful Japan, at Kamakura Jochiji Temple. アメリカ・スタンフォード大学のプログラムのなかで、マインドフルネス・内観・シアターワークを融合したワークショップを行いました。 The program by Stanfor…

View Post
Share: