教育実践、芸術療法としてのシアターワーク集中講座

2020年1月から、ご自身の心と身体のケアのためにシアターワークとドラマセラピーを受けてみたい方、また 教育者、医師、セラピスト、起業家の皆さまなど、今後それぞれの現場でシアターワークのような身体的実践を応用・導入することを視野に入れていらっしゃる方々へ向けた、シアターワークを習得するための4日間集中コースが始まります。私だけでなく、ぜひ 皆さまにも 近い将来 それぞれの現場で シアターワークを活用していただけるようになりましたら、世界中のもっともっとたくさんの場でもっともっとたくさんの人たちがあまねく心と身体のためのシアターワークに親しむことができるようになります。ぜひ ご参加ください。お待ちしています。

心と身体の表現学〜大人として失われた感覚を取り戻す〜

Day1:シアターワーク導入
Inner Voice and Interaction : 自己と他者との関わりと洞察
初日は皆さんと一緒に、頭で考えることから、体感値の意識を高めるために、様々な身体的な感覚ワークを通して自分の感覚を研ぎ澄ましていきます。現場でのシアターワークの導入・応用を視野に入れていらっしゃる方々へ向けて、一つ一つのワークに込められた意味・意図もお伝えします。

Day2:芸術療法としてのドラマセラピー(Drama and Movement Therapy)
Mindfulness and Vulnerability: 心と身体の呼吸・感情・記憶
2日目は、内観・ボディワーク・ムーブメントワークとともに自分自身の内面を丁寧に見つめながら、その感情や記憶をそのままに受容しながら、望むままに心と身体を委ねていきます。臨床でのドラマセラピー、心理療法やトラウマケアとしてのムーブメントセラピー、自閉症のある子どもたちとの演劇活動などの事例を取り上げながら、自分自身や他者へ慈悲の心を向けていき、心身をいたわりケアしてゆくドラマセラピーを習得します。

Day3:変容とシアターワーク (Theatre for Social Change and Innovation)
Interpersonal Relations and Transitions:心と身体で共感・共振する
3日目は、自分と他者のお互いの間に存在する「嗅覚、触覚、聴覚、味覚、視覚、第六感」で受け取る心の動きや動作を観察し捉えながら、コミュニケーション・チームワーク・グループの変容の機会を創り出し、具体的な課題や症例にも取り組み組織の変容を促すためのシアターワークを習得します。

Day4:創造性とシアターワーク (Theatre for Empowering Creativity)
Recover and Physicalize:身体と創造性〜本来の声・身体とともに
4日目は、自分自身の存在をそのままに受容し、普段意識を向けていない深層意識に触れながら、緊張や力が抜けた心身の深いリラックス状態を探求し、そこから蘇生してくる自分本来の声、身体、感性、言葉、創造性に出会っていきます。4日間のシアターワークの結晶として、最後にシアターワークの創作・表現を行います。シアターワークという表現、そして、シアターワークという芸術療法とともに、自分自身で今後の道標を示していきます。

詳細・コース申し込み →ARTQ INSTITUTE

Share: